山村自然楽校「しもなの郷」

お問い合わせ

アクセス

リンク

宿泊

体験

観光

歴史

木星電波観測所

イベント情報

ホーム > 木星電波

木星電波
 吾川木星電波観測所
・ 木星電波?なぜ木星?
・ 「しもなの郷」宇宙電波観測に最適の場所
・ NASAの教育プロジェクト
・ 平成19年度 文部科学省科学研究費採択決定!
・ 「しもなの郷」で発表会を開催!
・ 宇宙や大自然を楽しみながら体験学習しよう♪
「しもなの郷」には、NASAを中心として実施している木星電波観測プロジェクト(NASA Radio JOVE Project)による木星電波観測所があります。(agawa observatory)

吾川木星電波観測所

木星電波?なぜ木星?

 地球や木星等の惑星から放射される自然電波は様々なものがあります。なぜ電波が出るのか、その解明にはまだ多くの謎が残されています。これらの自然電波放射には多くの共通点があり、木星電波の謎を解くことは、全ての惑星電波の放射の謎を統一的に解明していくための突破口を切り開く大きな科学的インパクトがあると言われております。
 木星電波は1955 年に発見されて以来、様々な観測が行われ、その強力な電波放射の仕組みが少しずつですが明らかとなってきました。しかしまだ、未知の部分が多く、電波放射機構を解明することにより、宇宙物理学の重要な本質に迫ることが可能になると考えられています。

ページのトップへ >>

「しもなの郷」宇宙電波観測に最適の場所

 広大な宇宙、木星電波は6億キロメートル彼方から30分以上かけて地球に届く電波です。この微弱な電波を受信するためには妨害電波の少ないことが要求されます。我々の生活は電化製品や自動車、機械器具などが発する電波の洪水の中にあります。
山間部の生活雑音が少なく、遠い町からの雑音も及ばないV字型の深い谷間で、木星が通過する空は東西に開けている場所、そして高速インターネット環境が存在すること。この条件を満たすのが、宇宙電波観測に絶好の「しもなの郷」です。

2005年1月 旧吾川村田村で長期受信テストを開始

2005年1月 旧吾川村田村で長期受信テストを開始

2005年12月しもなの郷に移設

2005年12月しもなの郷に移設

観測結果 2006年2月木星電波

観測結果 2006年2月木星電波

観測結果 2007年2月木星電波

観測結果 2007年2月木星電波

ページのトップへ >>

NASAの教育プロジェクト

 NASAは、宇宙科学の次代を担う世代を巻き込み広く一般向けに研究成果を還元する取り組みである教育プロジェクト(アウトリーチ)を積極的に行っております。このアウトリーチとして、NASAは木星電波や太陽電波を中心としたRadio JOVE プロジェクトを、1999 年にスタートさせました。RadioJOVE は、木星電波のことを意味し、プロジェクトリーダであるNASAのティーマン博士を中心に世界的な活動を行っております。

2006年1月 NASAのティーマン博士が観測所(しもなの郷)を訪問

ページのトップへ >>

平成19年度 文部科学省科学研究費採択決定!

 採択された文部科学省・科学研究費補助金のプロジェクトでは、平成19年度から21年度の3年間で、まず、この基礎的研究拠点となる日本、フロリダ、ハワイ、パリを結んだ地球上観測網を整備し、地球規模の木星電波VLBI(超長基線干渉計)観測体制を確立しようとするものです。そして将来、月と地球を結ぶ木星電波VLBI観測による木星電波の研究を行うことを最終目標としています。
 JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、月探査機「セレーネ(かぐや)」を打ち上げ、月の周回軌道に入りましたが、引き続き、次期の「セレーネ後継機プロジェクト」が進行しています。月面低周波電波天文研究会(LLFAST: Lunar Low-Frequency Astronomy Study Team)では、この次期探査機に木星電波観測装置をのせ、月の南極付近に着陸させて世界初の月面電波天文台を設置する提案を行っております。実現すれば、地球上の観測網と高精度にリンクして観測を行うことで巨大電波望遠鏡を形成することが可能となります。

V L B I (Very-Long-Baseline-Interferometry)とは==> 三角測量に例えれば、基準の2点間を結ぶ辺長と角度により目標物の位置や距離を割り出すことができます。地球上での基準線は地球直径(約1万2千km)が最大長ですが、月−地球間に設定できれば38万km となり、測量精度(分解能)が著しく向上します。これを木星電波源の超高分解能観測に応用する訳です。

アンテナの性能諸元
型式:ログペリオディックアンテナ
周波数レンジ: 18〜36MHz
利得: 7dBi
最大エレメント長: 8.6m
ブーム長: 5.28m
高さ: 17m
耐風速: 50m/s
制御: 仰角・方位コントロール
しもなの郷のメンバーも作業しました。 VLBI観測に向けて新しいアンテナの建設 (H19.9完成)
しもなの郷のメンバーも作業しました。 VLBI観測に向けて新しいアンテナの建設 (H19.9完成)
観測設備の紹介

観測設備の紹介

観測設備 全景

電波受信部

電波受信部

データ配信サーバ

データ配信サーバ

アンテナコントローラー

アンテナコントローラー

原子時計・VLBIサーバ

原子時計・VLBIサーバ

SDR-14受信機

SDR-14受信機

山村自然学校 しもなの郷

高知工業高等専門学校 吾川木星電波観測所

NASA Radio JOVE Preject AGAWA Observatory

国内の木星電波VLBI観測網

国内の木星電波VLBI観測網

○ 仁淀川町吾川木星電波観測所
○ 情報通信研究機構 鹿島宇宙技術センター
○ 東北大学蔵王観測所
○ 福井工業大学

世界規模の木星電波VLBIネットワーク

ページのトップへ >>

「しもなの郷」で発表会を開催!

惑星や木星電波など国内宇宙研究者などがこの「しもなの郷」で発表会を開催!

月面低周波電波天文学研究会(LLFAST)

ページのトップへ >>

宇宙や大自然を楽しみながら体験学習しよう♪

ページのトップへ >>